倉澤・薬師堂

 

 『佐久市・前山』の『倉沢川』を遡ると、集落の一番外れに『倉沢・薬師堂』が建っています。

 

 西から東に下る傾斜地ですので山門や御堂の向きは東を向いています。

 

 『御堂』の間口の向きに決まりはないみたいですが、参拝し易い様に集落の方向(参道)を向いている場合が多いです。

 

 山門前にバイクを停めまして。

 

 

 山門は『鐘楼門造り』 一礼して潜りますと

 

 

 奉納された『詩歌』の額が掲げられていましたが、おしむらくは天井画。

 

 素晴らしい『獅子』や『沙羅双樹?』が描かれているのですが保存状態がイマイチ。

 

 出番ですよ『佐久市・教育委員会』or『文化財保護団体』さん。

 

 

 石段を上り本堂へ。レンズが汚れていますね。(撮影時気が付かなかった)

 

 一見、極普通の薬師堂みたいですが中に入ってみますと

 

 

 ブルーシートが無粋な感じですけど、常時門戸は解放されているのでしょう。経年の『埃感』は致し方無いとしても『厨子』の中の『薬師如来』 他にも『仏神』と呼ばれる『仏様』を警護する『十二神将』がズラリ。

 

 さぞや権力・財力の在る方が建造した『薬師堂』では?

 

 佐久市内、これ程の『木像十二神将』の揃った『寺院』は他に知りません。

 

 いや県下でも珍しいかも。

 

 

 『須弥壇』に施された『蒔絵』も素晴らしい。(ブルーシート~!)

 

 木造の顔料も色彩鮮やかに残っています。此れは保存しないと。

 

 

 最近、『長野・善光寺』から盗難された『賓頭盧尊者』様も鎮座しています。

 

 埃が溜まっている処を見ると、頻繁に撫でられている(参拝者が多い)様には見えません、像も最近の物でしょうか。(質感がプラスチックっぽい?)

 

 しかし、赤目掛かった眼力は力強い。畏敬の念を感じます。

 

 まだまだ特筆すべき処が沢山在り過ぎますので残りは次回です。