三輪社

 

 『中央自動車道』と『国道20号線』が交差する辺り、(実は意外と少ない無いんです)『宮川』が流れ、山の端には『木落し坂』が在ります。

 

 この辺り、交通の要所だったらしく、古くからの神社が沢山あります。

 

 『三輪社』もその一つ。旧甲州街道が通り街が繁栄したのでしょう。

 

 

 コンクリート製の鳥居を潜り、拝殿へ。

 

 

 階段脇には『靴のまま登らないで下さい』と在りましたので『靴』を脱げばいいのかな。

 

 まぁ大した『靴下』じゃ無いから汚れても平気と階段を上りますと『舞台』になっています。

 

 『神楽殿』を兼ねているのかな。巫女さんが鈴を手に舞を奉納する。

 

 『君の〇は』のワンシーンじや無いですけど観てみたいですね。

 

 

 大祓いの奥にある『板戸』の飾り窓ですけど、独特な形です。

 

 覗き込むと本殿が見えます。本殿にも飾り窓。

 

 墨書きされた額は誰が奉納したのかな。

 

 

 舞台を降り、靴を履こうとしたら案の定靴下真っ黒。

 

 行かれる方、靴下は黒が宜しいようです。

 

 本殿の彫刻は素晴らしいのですが、如何せん格子が邪魔なのは致し方ないかな。

 

 しかもピントが在って無いし。 

 

 『三輪社』気になった方ウィキペディア。