鍾乳洞

 

 『鍾乳洞』とか結構行きます。ルートの確保された安全な『観光鍾乳洞』ですけど。

 

 関東最大と云われているのは『奥多摩・日原(にっぱら)鍾乳洞』だったと思ったんですけど、『上野村・不二洞』でした。

 

 『鍾乳洞』の最大級ってのは『総延長』なのか『延べ床面積』なのか『観光ルートの長さ』なのか? 容積で考えられなくも無いし。

 

 

 1200年前には発見されていて、400年前には僧侶の修行の場として確立していました。

 

 其の時、僧侶が名付けた各鍾乳石の名前が今も残っているそうですけど、まるで『天国と地獄』いや『極楽と地獄』 (チャカチャ~ン、チャカチャ~ン、チャカチャカチャ~ン。)

 

 

 色々な名前が付いている『鍾乳石』を片っ端から廻ります。(ルートに従って進むだけ)

 

 

 此処で僧侶が禅行したのでしょうか。

 

 

 『経文の書かれた石=経石』とか上人の骨とかが出土したそうです。(チョット怖いかな)

 

 でも300年前に流行った疫病を鎮める為、洞窟に籠って行をしたり、ひょっとして『即身仏』となった?

 

 

 まぁネタばらし静義手もしょうがないので、後は実際に訪れてのお楽しみですね。

 

 出口に到着すると、自然に囲まれた洞窟の入り口がポッカリと開いていました。

 

 きっと此処が猿のたむろしていた原生林でしょう。

 

 鍾乳洞から外に出ると、其処は草いきれのムンムンとした夏。

 

 閉所恐怖症や暗所恐怖症の類は一切ないですけど、帰って来たぜぃ。