高島城

 

 関ケ原以降、諏訪の地を治めていた『諏訪一族』居城の『高島城』

 

 現在は住宅に囲まれていますが、戦国時代、此の城の西は『諏訪湖』に接し、更に『中門川』『衣之渡川』に囲まれていたそうです。

 

 ついた別名が『浮城』です。(なんか『のぼうの城』みたい)

 

 北側の『堀』と『石垣』『鏑木門』が当時を偲んでいます。

 

 

 現在は公園として整備され、誰でもが無料で利用できます。(天守閣¥300)

 

 平日午後に訪れましたが、桜満開のこの日、人がわんさか。(私もその一人ですが)

 

 

 私が訪れる多くは『神社仏閣』『城跡』『公園』『景勝地』『パワースポット』『大木』『滝』などなどですが、まぁ目についた面白そうな所は立ち止ってみます。

 

 なんせ『好奇心旺盛』なもんで。

 

 

 此方を向いているのかな。目玉に見えなくもないです。

 

 

 近くにバケツと柄杓が在り、水を掛けられる筈なんですが、なんせ『コロナ対策』 水道から水は出ませんでした。

 

 願いが叶うなら『疫病退散』『商売繁盛』『宝くじが当たります様に………』

 

 まだまだ境内を散策します。以下次回