諏訪大社・下社・秋宮

 

 通常県外からの観光バスが『諏訪大社』参拝に訪れるのが『下社・秋宮』です。

 

 『旧甲州街道』と『旧中山道』の交差点に建ち、参拝者が後を絶たない程の人気です。

 

 この日も『四社参り』を計画していましたので一番最後に訪れたのが此処『秋宮』です。

 

 

 何度かお祓いに来ているんですけどやっぱり何度来ても良い。

 

 この日は生憎の雨模様でしたが、雨に濡れる参道や杮葺き屋根も素敵。

 

 

 青銅製の狛犬では日本一の大きさを誇るそうです。

 

 赤い袴の『巫女さん』に見とれていません?

 

 袴をチョットつまんで足元を気にしながら階段を降りる。

 

 (スンマセン。動画撮りたいからもう一度お願い出来ません?)

 

 

 雨が降ると『三鈷の松』が落ちているんですけど、来るのが遅かったから拾われた後かな。

 

 

 『秋宮』も『幣拝殿』様式になっています。

 

 ひょっとしてこの板敷の下は『賽銭箱』だった?

 

 聞いた話によりますと、『四社』は死者とも読めるから、もう一社お詣りしたほうが良いとか。

 

 大丈夫。そんな人の為に付近にはいくらでも神社が在るんです。

 

 

 『秋宮』の前に在る『恵比寿社』に参拝しました。

 

 各諏訪大社の神社境内には摂社・末社の類が在りますからそちらで参拝も可です。

 

 『下社・春宮』の境内には『上社』が摂社として祀られています。

 

 何だ、一緒に棲んでんじゃん。