春宮・幣拝殿

 

 参道突き当りにはガラス張りの『神楽殿』が在ります。

 

 大注連縄が下がっており、お祓いなどは此方で行われます。

 

 

 ぐるりと廻り込んで『拝殿』にて参拝します。

 

 

 二階建ての『瑞垣門』で、『左右片拝殿』と云う造りらしいのですがよく解りません。

 

 この門の一階部分は全部賽銭箱になっていて、中央に板を渡して神官さんの通路としています。(一般人は入れません)

 

 『御幣』が置かれている『御幣殿』と『拝殿』が一つになっている処から『幣拝殿』と呼ぶそうです。

 

 

 そしてド迫力の彫刻の数々。

 

 

 暫し見とれていました。

 

 境内には『結びの杉』も在りますけど、二つに分かれるから『別れの杉』では?

 

 

 『春宮』周辺には『万治の石仏』なども在り、散策するには打って付けです。

 

 この『春宮』は間違いなくパワースポットです。