咲き分けの桜

 

 『岸野地区・五本木』集落の集会場に、二本の桜の古木が在ります。

 

 訪れたのは2月。まだ桜の花は蕾にもンばっていませんでした。

 

 駐車場など在りませんので道路の拡幅部に停めました。

 

 

 入り口辺りには『十九夜講』『二十三夜講』などの集まりが在った事を今に伝える石碑や、『夫婦道祖神』などが並んでいます。

 

 

 柔らかい『佐久石』にでも彫り込んだのでしょうか、柔和な顔立ちで手をしっかり繋いでいます。担いでいるのは紙垂の付いた『鍬』でしょうか。

 

 刻まれた文字は『天保』でしょうか。

 

 

 路地の奥まった処に桜の大木が二本見えます。

 

 集会場より断然大きいこの桜

 

 

 『咲き分の桜』と呼ばれています。

 

 後日桜の開花の頃に訪れました。

 

 

 まるで『紅白桜』

 

 よっ。めでてえな。