お姫様神社

 

 『鹿曲川』を渡る橋の袂に、『常設された丸木橋で諏訪方面に向かう重要な端であった』と案内が出ていた『玉の井橋』

 

 でもこの道は何処に抜けるの?とgoogleマップを開くと、『お姫様神社』が出てきました。

 

 行くっきゃないでしょ。

 

 

 舗装路に雪は無いものの、神社へと続く道は冬季閉鎖なのか雪が積もったまま。誰も歩いた足跡も在りませんでした。

 

 意を決して雪の中へ足を進めると、くるぶしが完全に埋まります。

 

 

 民家から離れた場所の岩棚には幾つかの横穴が見えます。

 

 こういう処には、動物が潜んでいそう。近づかない方が賢明かも。

 

 

 雪の上には動物のフンが残されていました。でも周囲に足跡が無い。

 

 その後に雪が積もったのかな。

 

 失敗したのは車に長靴積み忘れてきた事。冬はいつも積みっぱなしなのになんで降ろしたのかな。

 

 

 笹薮で地固めした崖の上に『お姫様神社』が見えました。

 

 でも雪………。

 

 

 単管パイプの手摺を頼りに雪をけり込みながら足場を造って登ります。

 

 靴の中に雪が入り込んでぐしょぐしょになるのは仕方ない。

 

 

 こんな山の中なのに電気も通じているようです。

 

 先ずは参拝です。

 

 

 実に質素ではありますけど『祠』の中に『像』が見えます。

 

 『お姫様?』

 

 

 きっと地域の氏神様なのでしょうか。

 

 この辺りは誰の領地だったのかな。望月領?其処のお姫様?

 

 この神社のある集落からして戸数は十数軒。もしかもしたら『隠れ里』なのかな。

 

 そこら辺の説明が在ると嬉しいですね。

 

 

 神社から浅間山方面を眺望するの図です。

 

 

 自分の足跡を辿る様に帰りますか。