福王寺

 

 新春の晴れた日。そうだあそこへ行ってみよう。

 

 やって来たのは『望月』から山間に入った所に在るお寺。

 

 

 道端に看板が立っていたので、ふと足を止めました。

 

 『安曇系…』ですか。なんか『ラーメン店』みたい。

 

 まさか『剣』で女性を脅かして、衣服を剥ぎ取ろうと………てな訳ないですね。

 

 

 顔立ちも解らない位に風化した『小振りの夫婦道祖神』の方が、優しく手を取り合っているように見えます。

 

 

 『沸法東漸寚窟』と石柱に彫られています。

 

 意味は? 『寚』は『宝』の意味らしく、『窟』は『洞穴』の事。

 

 『宝』の隠された『洞窟』が在る! 気分は『ルフィ』で乗り込むぜイ。

 

 

 やって来たのは『佐久市(旧望月)協和』

 

 真言宗智山派のお寺『雫田山・福王寺』です。

 

 入り口からして色々と建ち並んでいます。

 

 駐車場は仁王門の先ですが、車を停めてからわざわざ戻って来て、仁王門から潜り直します。

 

 

 漆喰の白さからみても最近建て直されたのでしょうか。

 

 『足腰が丈夫で在ります様に』と云う願を掛け、裸足である『仁王様』に『藁草履』を奉納する風習が残っています。

 

 『法力』の強い『仁王様』に我が家まで御足労を願う意味もあるらしいです。

 

 『長野・善光寺』や『立科・津金字』にも『大藁草履(草鞋)』が奉納されていますね。

 

 

 金網は鳥や害獣の進入を防ぐ為に仕方ないのでしょうけど、『千社札』を貼る人間は防げないもんですかね。

 

 モラルの問題か。