守芳院part2

 

 さっさと進めないとブログの時差が半年を越えて居まして………。

 

 境内をザックリと紹介しますと。

 

 

 釣鐘の下には窪みが在ります。音を反響・増幅する為でしょう。

 

 土で固められているからこその『技』ですね。

 

 木の床の鐘楼では四角く穴を開けている物もあります。

 

 

 境内の一角の『薬師堂』 厄除け観音と書かれた門が建っていました。

 

 

 ガラス越しだとどうしてもピントが甘くなっちゃう。

 

 『日光・月光菩薩』を脇観音に従えています。

 

 

 良い具合に緑青の吹いた『聖観世音菩薩』でしょうか。迫力あります。

 

 

 昔は此方が『表参道』だったのでしょう。集落へと続いています。

 

 この門から入った所に在るのが

 

 

 『蓮池』に鎮座する『達磨大使』 でも何故に苦悶の表情?

 

 

 『達磨大使』の由来が描かれていました。拡大して見てください。

 

 人知れず 静かな山の端 名古刹在り