五稜郭展望台

 

 『五稜郭』とは、お堀や石垣が古来からの四角形では無く、五角形の星形をした西洋式建築様式を取り入れた『お城』の事で、日本には『二つ』しか在りません。

 

 一つは『龍岡城五稜郭』で『佐久市(旧臼田町)』に在り、もう一つは『函館五稜郭』

 

 断然『函館五稜郭』の方が有名ですが此処『龍岡城五稜郭』も色々な逸話が在ります。

 

 その一つが『日本一新しい城』です。

 

  江戸時代末期、『駿河・松平氏』が戦火に巻き込まれるのを回避しようと新天地を探します。『白羽の矢』の刺さった場所が『信州・龍岡藩』 

 

 其処に最新技術の『五稜郭』を築城しようとしますが、人夫に食事を提供する『お台所』を建設し、『石垣』を積みながら『お堀』を掘っている最中、皮肉なことに『明治』になってしまいます。

 

 明治政府発令の『廃藩置県』や『廃城令』により、反政府軍の拠点となるのを防ぐ為に、お城は壊さなければならなかったのですが、『龍岡城』などはまだ未完成。

 

 他のお城でも『行政機関』を置くなどして多くのお城が存続を許可されました。

 

 松本城は県庁を置きましたので天守閣が残されています。

 

 現在残されている多くのお城に『天守閣』や『本丸』『二の丸』などの無いのは『廃城令』の為です。止む無く『天守閣』を壊したんでしょうね。

 

 後世、様々な城で『天守閣』などが再現されましたが、建築当時のままの天守閣を持つお城は日本国内に『五城』しか無』く、何れも『国宝』に認定されています。

 

 熊本地震で損壊した『熊本城』も建築当時のまま残されていれば国宝に指定され、国税で修理修繕出来たのにね。

 

 『名古屋城』や『大阪城』もその後にコンクリートなどを使って再現された物です。『ゴジラ』が壊したら何処がお金出すんだろ?

 

 最古とされているのが『国宝・松本城』 最新とされているのが『未完の龍岡城』です。やる~長野県。(まっ諸説ありますので個人の感想としときます)

 

 『函館五稜郭』は完全に観光地化されており、『五稜郭タワー』にエレベーターで昇れば、ものの30秒で全貌が見渡せます。(有料ですけど)

 

 何と『龍岡城』は、敷地内に『小学校』を建築する事で存続してきました。そのお陰でお城の敷地内には観光開発の手が及んでいません。(隣接して案内センターが在りますけど)

 

 来年度、小学校の統合が決定し、廃校になりますので一気に観光開発されると思います。(それはそれで寂しいな)

 

 現在、『龍岡城五稜郭』を見下ろす展望台が、北側の山の中腹にあります。

 

 名古刹『蕃松院』さんの駐車場からお墓の中を抜け、展望台へと道が続いています。

 

 車を『蕃松院』さんに停める時はお賽銭お願いしますね。

 

 軽四区やオフロードバイクなら、案内センターで配布している地図を頼りに山頂付近までたどり着けますが、普通車にはお勧めできません。

 

 

 以前『蕃松陰』さんから登り上げた時は樹木が生い茂り、眺望はイマイチでした。

 

 今回はバイクで上の駐車場まで登り、歩いて5分程で『展望台』です。

 

 

 枝打ちされて視界が広がっていました。

 

 

 『五稜郭』のお堀に沿って植えられた『桜』で辛うじて『星型』が確認できます。

 

 校庭と体育館、校舎が解ります? その右端の大きな『合掌屋根』が築城当時の『御台所』です。

 

 桜の季節、ピンクに染まったら又来ますか。

 

 でも『お城の中に学校』 ロマン感じません?