笠岩神社

 

 松本方面から『三才山トンネル』(嬉しい事に無料になりました!)を『鹿教湯温泉』へと下ってきます。

 

 橋を渡る時、左手に『内村ダム』が見えてくると直ぐ『短いトンネル』を潜ります。

 

 『あれ?山の上に何かある?』 と思っても停まって確認できる道路幅じゃぁありません。

 

 広い所でUターンして。反対側からも確かに『?』を確認できます。

 

 『岩』の様な 『人造物』の様な………行くっきゃない。

 

 『トンネル』東側出口付近には遊歩道らしきモノも確認できます。

 

 でも付近にはバイクすら停められない。皆さん何処に停めてるの?

 

 

 で辿り着いたのが『内村ダム』です。

 

 此処には『無人の管理事務所』と『駐車場・トイレ・水道』が在ります。

 

 

 ダムの案内図を見てみると『笠岩』と在ります。

 

 何だ直ぐじゃん。

 

 

 確かに『道案内』も出ていました。しかし『夏の雑草は強い』

 

 草叢の中、踏み跡らしきを頼りに登りますが、この中に正解の道を探し出せます?

 

 自分の勘を頼りに草叢を登る事10分。息がゼイゼイし始めるころやっと歩道にでます。

 

 

 辿り着いた岩が『笠岩』 人造物に見えたのは此の支えにしている『丸太(風のコンクリート)』が人為的に組まれていたからですね。

 

 各地に存在する『子宝祈願』や『安産祈願』にご利益在るとされている『シンボル』其の物です。

 

 

 『タ〇リさん』なら「この岩は~〇〇岩ですかねぇ」と即答するでしょうけど。

 

 『安産祈願』だけに『安山奇岩』だったりして。

 

 

 この岩を御神体とするのが『笠岩神社』です。

 

 朽ちかけている手摺の先に見えている道路が国道254号線(三才山トンネル=鹿教湯)です。

 

 賽銭箱とか在りませんけど、維持管理には必要かもしれませんので小銭を賽銭とします。

 

 

 こんな説明書きや展望台まで在るんですから一時は観光化に成功したのかも知れません。(国道沿いに駐車場が在れば)

 

 遊歩道沿いに湖畔迄行けそうなんですけど、しまった『水分』持ってきてない。

 

 湖畔の『河川公園』迄行けそうですけど、此処は素直に撤退です。

 

 だって7月下旬に長時間歩くのに『水』が無きゃねぇ。