内堀

 

 『松本城』を見るなら正直『内堀越し』に眺めた方がバランスが良い気がします。

 

 よくニュースなどに出てくる内堀のあの辺り。

 

 お城の石垣と松の木がお互いに引き立てあい、漆喰の白壁と板壁の黒、アクセントに朱色の欄干。(金色が無いのも良い)

 

 青空を背景に凛と建つ天守閣には威厳を感じます。

 

 

 雲が無ければアルプスの山並みが借景になります。

 

 風が無ければ内堀に写る姿も又一興。生憎と水深がかなり浅く、少しの風でも揺らいじゃいますけど。

 

 

 此処から観る『埋橋・うづめばし』も大好きです。

 

 この橋は通行禁止です。渡れるのは『特権階級』だけ。

 

 『城主』『来賓』など時の権力者と造った『大工さん!』

 

 北門から抜け出てもう一つの『国宝』へ………

 

 

 えっ!耐震工事の為、令和6年秋まで休館ですか?

 

 正直な処、今まで見た事無かったんです。地元に『中込小学校=ギヤマン学校』が在るから。

 

 で更に云うなら建築年は中込の方が古いんです。

 

 しゃぁ無い。『縄手』でも散策しますか。