荒船神社

 

 荒船山を御神体とする『山岳信仰』 その神社『荒船神社』が、実は荒船山周囲に幾つも在るって知っていました?

 

 国道254号線沿い『渋沢栄一歌碑』で有名になっ『内山』には『荒船神社里宮』や『荒船神社遥拝殿』が在り、荒船山(経塚山)の山頂には『奥社』の祠が祀られています。

 

 更に群馬県側にも『荒船神社』のが存在しますし、系統は一つじゃ無いのかも知れません。

 

 今回『志賀城跡』を目指して志賀川沿いから山道へバイクを乗り入れた所で見つけたのが『荒船神社』と並んで建つ『諏訪神社』

 

 鳥居が有れば神様が祀られている訳で、日本には『八百万(やおよろず)の神様』が在るそうですので、あれこれ考えずに参拝させて頂きます。

 

 

 鳥居が二つ見えますけど、こんな形で並んでいるのは珍しいかも。

 

 正面が『諏訪神社』 右の鳥居が『荒船神社』

 

 石垣の積み方、木の太さなどから推察するに『荒船神社』の方が先に出来ていたのかも。

 

 更に云うなら『志賀城』の一角だったのかも知れません。

 

 

 先ずは真っ直ぐ登った先の『諏訪神社』

 

 

 新しく基礎を造り、その上に『お社』を乗せたみたいです。

 

 風雨から守る為に『トタン囲い』があつらえて在ります。

 

 

 そして『荒船神社』 船の字が読めなかった。

 

 

 鳥居を潜り参道………って暫く誰も歩いて無いなこりゃ。

 

 こんな処も歩くようになってから、白いスニーカーは履かなくなりました。

 

 だって一発で草の染みが付いちゃう。

 

 

 拝殿で参拝した後、ぐるっと廻り込んで『本殿』を拝見。見事な龍が彫られています。

 

 『紙垂』が真っ白ですので最近祭りでも在ったのかな。

 

 

 この草叢『ヘビイチゴ』がたわわに実っていました。

 

 子供の頃、食べると蛇になるとか云われていましたけど、んな事ある訳無い。と平気で食べていました。但し美味しくは無いです。

 

 試しに一粒食べてみました。やっぱり美味しくは無いかな。