小田井・八幡神社

 

 佐久市・志賀地区を堪能した後、『小田井』集落にこんもりとした『森』を見つけました。

 

 神社かな、お寺かな? 

 

 

 鳥居から続く舗装道路は生活道路で車が行き交います。

 

 隣接して『特養』と『保育園』が建っています。

 

 保育園児のお遊戯の歌声が聞こえてきました。

 

 

 『下馬』の案内から先は『お殿様』でも『馬』や『籠』から降りなければなりません。

 

 一礼して更に進むと

 

 

 立派な畳敷きの拝殿の奥には、幾つかの『お社』が祀られています。

 

 それぞれ神様を祀っているのですが一番大きなのが『八幡様』、ではその隣は?

 

 これらの『お社』ごと大屋根が覆っています。

 

 でも不思議なのは並んでもうひとつ『鳥居』が建っている事。

 

 そちらも伺ってみますと

 

 

 以前は風雨にさらされていた数社の『お社』が、コンクリート+玉砂利の上に並んでいます。

 

 只、何の神様なのか読めません。

 

 提燈なども新しく、掃除も行き届いているようです。

 

 一礼して後にします。

 

 

 その他にも、境内には沢山の石の祠などが建っています。

 

 只、何の説明も無いからなぁ。