白山神社

 

 『大昌寺』さんの山門から少し離れた道沿いに鳥居が建っています。

 

 『神仏混載』の名残なのか、恐らく昔は一緒の敷地に在ったモノを無理やり分離したかの様な感じです。

 

 

 参道から続く石段を跨ぐように建物が覆いかぶさっています。

 

 同じ地域に在る『山田神社』も同じような造りです。

 

 

 石垣をよく見ると『切り込み接ぎ』 戦国時代に発達した技術です。

 

 ともすれば『砦』としての機能も持っていたのかもしれません。

 

 だってどう見ても建物と柱の位置関係に無理がある。

 

 

 石段を登り詰めて振り返ると。向かって左側が『大昌寺』の境内です。

 

 先ずは『御社』に参拝をします。

 

 

 『白山』名前からも解るように『山岳信仰』の神社です。

 

 『御岳山』や『雄山』も有名ですね。

 

 『富士山』山頂は『富士吉田浅間神社』の境内ってのはご存じ?

 

 『富士山』でありながら『浅間』が上に乗っかってんです。

 

 

 更に境内を進むと『今宮神社』のが祀られています。

 

 こちらは地域の『産神』でしょうか?

 

 と、山の藪の中がガサガサ揺れました。

 

 殺気!なんて解る術もないですけど『熊』とかじゃ嫌だからそ~っと来た道を戻ります。

 

 何だったんだろね。