正安寺

 

 正式名称『曹洞宗・宝寿山・正安寺』

 

 国道から少し入った所に在る静かな名刹です。

 

 

 国道沿いの看板を曲がると古い石段が在りました。

 

 昔の人は此処jから上ったのでしょうか。現在は駐車場まで舗装路が続いています。

 

 

 広い駐車場の片隅にバイクを停め、参拝します。

 

 曹洞宗のお寺は掃除が行き届き、ゴミ一つ落ちていなくて気持ち良いです。(他宗派が掃除していないと云う訳では在りません)

 

 

 駐車場脇のスロープを上ると『禅堂』に通じています。

 

 玉砂利の庭にもゴミ一つどころか雑草すら生えていません。

 

 

 並びで建っているのが『法堂』 でも『仁王像』がこんな処に!

 

 多分『仁王門』以外に安置されているのを初めて見たかも。

 

 残念ながら『禅堂』も『法堂』も施錠されています。

 

 昨今の物騒な世情からは致し方ないのかな。

 

 好奇心だけで開けてくれとも言えないし………

 

 

 仁王像の腹筋シックスパッドどころじゃ無いです。

 

 金を使った彩色といい迫力ある像です。

 

 

 石段の上に『香炉』もが在りますのでこちらが『本堂』でしょう。

 

 でも悲しいかなやはり扉は開きません。

 

 ガラス戸に反射して写真が上手く撮れません。

 

 参拝を済ませ、境内を散策してみます。 以下次回です。