瀬戸の菜の花

 

 島の丘に咲く黄色い菜の花。蒼い海と青い空。暖かい風に 雲がゆっくり流れて………

 

 なんて『演歌』じゃありません。

 

 『佐久市・瀬戸』は市役所の東南に広がるエリアです。

 

 コンビニを曲がると、まぁ、なんと云う事でしょう。

 

 

 『山村暮鳥・やまむらぼちょう』さんの『風景・純銀もざいく』を彷彿させます。

 

 いちめんのなのはな 

 いちめんのなのはな 

 いちめんのなのはな 

 いちめんのなのはな 

 いちめんのなのはな 

 いちめんのなのはな 

 かすかなむぎぶえ 

 いちめんのなのはな  (正確に覚えてませんので検索どうぞ)

 

 てっきり『菜の花』と云う題名かと思っていました。

 

 確か小学校の国語教科書で知ったのかな。

 

 

 北海道富良野のラベンダー畑などとは比べ物にならない規模でしょうけど、付近の農家が協力して一面菜の花を植えています。(ほんの一部違うのがアクセント)

 

 菜の花と云えば『飯山菜の花公園』も素敵。

 

 ♬ 菜の花畑に 入日薄れ 見渡す 山の端 ………

 

 『おぼろ月夜』の舞台になった場所です。

 

 

 おそらく『一面の〇〇』に憧れが在るんですね。

 

 

 『一面のネモフィラ』

 

 でもやっぱり『いちめんのなのはな』が落ち着くみたい。

 

 「おうい 雲よ ゆうゆうと ばかにゆっくり のんきそう」

 

 やはり『山村暮鳥』さんだったと思うんですけど。

 

 だだっ広い場所で ゆっくり流れる 雲を眺める。

 

 お茶とおにぎりが在れば何時間でもいられそう。

 

 早く春にならないかな。(ってまだ秋だぜィ)