兜岩と荒船出世不動尊

 

 このユーモラスな形。

 

 『カバトット』と云うアニメが昔在りましたけど、連想するのは『カバ』?『ワニワニ・〇ニック』の『ワニ』?何となく『ムー〇ン』にも見えて来ます。

 

 本来は、戦国武将の被った『兜』の意味なんでしょうけど。

 

 

 『荒船山』から『星尾峠』経由でも登れますが、『荒船不動』の手前から直登も可です。

 

 山頂の岩場では注意が必要です。

 

 

 今回、直登ルートを歩こうと思ったんですけど『通行止め』じゃぁ仕方ない。

 

 皆さんに写真をお見せ出来なくって残念。(と云う事にしときまして)

 

 

 『荒船出世不動尊』 

 

 荒船登山の出発点ともなりますけど、大抵の人は旧国道側から登っちゃう。

 

 『水汲み場』もあり、登山前の『安全祈願』に絶好な神社なのにね。

 

 

 湧き出す水は池を造ります。

 

 人間の都合で蛇口を付けられないですから一年中流れっぱなし。

 

 池には『不王明王』と『弁財天』が祀られています。

 

 宗派が『真言宗』ですので『お不動様』にはきちんと参拝します。

 

 

 『回向柱』の文字が滲んで読めない位風化しています。(財政難なのかな)

 

 階段を登って『お不動様』に参拝します。

 

 こーちゃんの店は個人経営ですので『出世』とは無縁ですけど。

 

 

 『虫』や『鳥』除けの『シート』や『アクリルガラス』などは致し方ないところです。

 

 登山者の為に『赤い杖』も用意されていました。

 

 で『お賽銭………』

 

 

 ホント『情けない人』っているんですね。

 

 

 シートに反射光が写り込んでしまい、『空海』作とされる『御本尊様』が良く見えません。

 

 天井に張り巡らされた『紙垂』がが初めて見る形です。

 

 興味を持って調べましたが解りません。

 

 今度、『真言宗・成田山・薬師寺』さんの御住職に伺ってみますか。