大杭橋

 

 『千曲ビューライン』の完成と共に、小諸・森山~御牧ケ原~北御牧~丸子~上田リサーチパークとバイパス出来るようになりました。

 

 『千曲ビューライン』と云いながら『千曲市』でも無ければ『千曲川』の見える場所は『小諸大橋』周辺だけです。

 

 千曲川沿いを走らなくても、なだらかなコーナーの続く丘陵地帯やタイトコーナーの急勾配。交通量も比較的少なく信号も無い。気持ちよく走れるこの道が大好きです。

 

 で『小諸大橋』

 

 かなりの高さが在り、欄干も低い為、橋上から千曲川を見る時は注意が必要です。(実際転落事故が起きています)

 

 この橋の下を『小型ヘリコプター』で潜る事がブームになり、東京・大阪辺りの愛好家に人気のスポットでした。

 

 近くの『蕎麦屋』さんには駐車場の他に、『ヘリポート』を示すⒽマークが描かれています。

 

 でも新しいモノが造られれば古いモノが廃れるのも事実。

 

 その廃れてしまったのが『大杭橋』です。

 

 

 高い橋が『小諸大橋』途中から崩壊してしまったのが『大杭橋』です。

 

 

 

 千曲川渡った場所には温泉宿がありました。(上の写真の手前)

 

 昔はこの辺りで泳ぐことも出来、更には釣りやボート遊びなどの出来るレジャースポットでした。

 

 今でも時たま釣りをする人を見掛けます。(鯰が釣れるんだな)

 

 

 廃業した温泉宿の前には『観音様とお地蔵様』が並んでいます。

 

 コロナ感染拡大の中、マスクを着けたお地蔵さまは自覚的最近の物でしょうか。

 

 『夢地蔵』と書かれたお地蔵様の由来は。

 

 

 秩父霊場を廻った『三山畑八右衛門』が、『大願成就』のお礼に『狭山金剛院』にお地蔵様を奉納します。そのお地蔵様が夢に現れ『千曲川の畔を掘ると温泉が出る』と告げたそうです。自分の為のみならず人々の為に温泉を掘り当てたいと願い、見事温泉宿開業にまでこぎつけました。

 

 努力すれば願いが叶う。夢を叶えてくれるお地蔵様から『夢地蔵』とされました。

 

 えっ、私の夢ですか? 宝くじで『〇億円』