青天を衝け

 

 佐久市『内山峡』は奇岩名勝地が多く、今でも『姫岩』や『ローソク岩』などその姿形に納得する物ばかり。

 

 国道254号線、通称『コスモス街道』が内山峠を越えて、『群馬県・下仁田』へと通じています。

 

 そんな『内山』に養蚕業の買い付けに頻繁に訪れていたのが『渋沢栄一』さんです。

 

 某TV局で有名になった『青天を衝け』は『渋沢栄一』さんが詠んだ『漢詩・内山峡』の一部から拝借しています。

 

 

 このバス停の在る地名『イボミズ』が在り、と読みます。

 

 ♬ バスは一日 一度来る おらこんな………村じゃ無くて『市』なんですけどネ。しかも土日祝日は運休ですと。

 

 因みに『初谷』には『日本秘湯の会』加盟の『初谷温泉』が在り、其処に行く為のバスです。

 

 住民は一家に一台どころか『免許所有者一人に一台』の土地柄です。

 

 考えたら免許取ってから地元で『バス』のに乗った事無いかも。

 

 このバス停のすぐ脇に在るのが

 

 

 最初に言っときます。現在この『石板』迄登れないみたいです。

 

 数段の石段なんですけど崩落の危険が在る為、立ち入り禁止になってました。

 

 コスモスの時期までには修復すると思うんですけど。

 

 行かれる方、佐久市観光課に確認してください。

 

 

 石板のはめ込まれた大岩の並びに鳥居が有ります。

 

 この石段も崩落の恐れが在る為迂回して鳥居の奥へ。

 

 

 階段を登ろうとすると軋みます。

 

 格子の奥に『紙垂』が見えていますので多分神社なんでしょうけど、なんせ体重100㎏が恨めしい。(階段壊す訳にもいかないから階段下で手を合わせます。

 

 にしてもどうやって参拝するの?