長命寺

 

 大沢地区をふらりと探索した新章スタートです。

 

 と言っても2021/2の事なんですけど………ね。

 

 

 穏やかな陽射しの中、こじんまりとした御堂を訪れました。

 

 2月下旬の境内には早くも春の息吹が芽生えています。

 

 

 『蒲公英』じゃ無いよ。『福寿草』です。

 

 寒冷の中、雪の中に埋もれながらも黄色が目立つ生命力を持っています。

 

 

 上の写真は2月初頭の『武石・福寿草園』です。

 

 

 何とも云えない『黄金色』 (お主も悪よのぉ フッフッフッ。て誰かくれないかな)

 

 

 木々の目覚めも感じます。

 

 ♬ 柳の下に猫が居た。だから『ネコヤナギ』 

 

 ヤナギの下にネコなら『ヤナギネコ』じゃないのかい!

 

 良いもんですよね。ふわふわの銀毛に包まれた『若芽』って。

 

 

 五言絶句ならば五文字の筈。色々な漢詩が在るからよく解りません。

 

 重い罪を犯した者も死んでしまえば罪は消滅?したかに見えても………

 

 そして最後に地獄の文字………

 

 何やら正しい行いをしないと地獄に落ちるぞ! と訓戒が彫られてれているのでしょうか。

 

 佐久市教育委員会頼むぜよ。