マンホール

 

 各自治体や所有ごとにマンホールのデザインが違います。

 

 しかも近年、カラーデザインが施されていてコンプリートの対象にもなっているそうです。

 

 さて我が佐久市。

 

 漫画原作者の『武論尊』さんの出身地である事は周知の事実です。

 

 しかも中学校の先輩にあたります。

 

 『武論尊』さんと『原哲夫』さんがタッグを組んだ『北斗の拳』は現在でもパチンコなどの題材に成る程人気が在ります。

 

 佐久市市庁舎のエレベーターホールには『ア タタタタタタタタ~!』の『北斗百裂拳』が待ち構えています。

 

 

 で『佐久平駅』 

 

 北海道に『佐久駅』が存在する為に同じ名前は付けられず、新幹線駅は『佐久平』になりました。

 

 

 そして佐久市の玄関口にあたる『佐久平駅周辺』のマンホールにも白羽の矢が当たりました。

 

 

 北斗七星の形に並んだ傷。胸に七つの傷を持つ男。『ケンシロウ』

 

 佐久平駅周辺のマンホールを『北斗七星』に見立て『北斗の拳』に主要登場人物の絵が描き込まれています。

 

 

 まぁ正直『おすい』は見えない様にして欲しかったかな。

 

 下水用マンホールだからしょうがないんですけど。

 

 

 最大の宿敵(と書いて友と読む)『ラオウ』や案外好きです『ジャギ』

 

 

 これらは『佐久市下水道局』が発案し製作しています。

 

 そして好評を博して製作されたのが『マンホールカード』

 

 

 無料配布されたにも関わらず、某オークションサイトで¥10000の値段を付けて出品されてました。

 

 そんな輩に 「お前はもう死んでいる」