奥大井湖上駅part2

 

 ふと気が付きました。駅のホームに立ち入っているって事は『入場券が必要』

 

 でも券売機とかも無いし。

 

 

 小さな待合室(出入り口の戸が無いから待合所)の壁には。

 

 千頭~井川間¥1340はチト高くない?

 

 

 冬季平日は3.5往復? (そうすると回送が一本入る筈だけど?)

 

 問い合わせれば答えてくれるんでしょうけど。

 

 テープで覆われた部分は夏季営業用ですかね。

 

 

 駅から斜面を少し登った所にコテージが建っていました。

 

 暫く機関車の発着は無いみたいだから散策してみますか。

 

 

 このコテージが駐車場の看板に在った『晴耕雨読』なんとカフェです。

 

 冬季閉鎖中にも関わらず、ドアーは解放されていました。

 

 まさか『ドロボー』がこじ開けた⁈ そこには優しさが詰まっていました。

 

 『奥大井湖上駅』にはトイレが在りません。寒風に晒されても戸口を占めることも出来ません。そんな時にこの場所をご利用くださいと施錠されていませんでした。

 

 

 営業はしていませんでしたけど観光地にしては料金も普通。

 

 (カップラーメンは見なかった事に………お願いします。商売ですから。)

 

 

 記帳ノートが置かれており有名人も結構訪れているみたいです。

 

 こーちゃんも期日と名前だけ記入しました。何時か有名になれるかも。

 

 

 このコテージの裏側から湖面に降りていける道が在るんですが関係者以外進入禁止になっています。

 

 カヌーの保管庫等が在るんでしょうけど進入禁止なら進入禁止です。

 

 ルールが決められている以上守るのが人の道です。