日本一短い〇〇

 

 『ビジネスホテル』に一泊しまして早朝5時から行動開始です。

 

 『ホテル』や『旅館』に泊ると『朝食時間』が設定されている為、どうしても朝方ボケ~っとテレビを見ている時間が勿体ない。

 

 食事無しで泊れる『ビジネスホテル』や場末の『〇ブホテル』なんぞに泊まれば『夜討ち朝駆け』で行動できます。

 

 しかも少しうらぶれた『ラ〇ホテル』なんぞは一泊¥2980で食事つき。何てのまでありますからね。

 

 大きいお風呂、ゆったりベッド。チェックアウトも時間を気にしない。

 

 只一人で入れる図々しさが必要ですけど。

 

 静岡県・浜松市で朝を迎え、牛丼屋さんで朝定食。安くてうまいから大助かりです。

 

 国道473号線で『大井川』を北上します。

 

 

 国道沿いに『日本一短いトンネル』と案内が出ていました。

 

 物好きじゃ無きゃ素通りしちゃうかもの小さな看板に、誘い込まれるように行ってみました。

 

 私の認識では『群馬県嬬恋村』の『吾妻峡谷』附近を走る『吾妻線』に『日本一短いトンネル』にの看板を見た気がしたんですが、そう云えば『八ッ場ダム』建設に伴い、線路そのものを移設した為、トンネル部分は廃線になったそうです。

 

 『日本一短いトンネル』正確には『現在鉄道として稼働している日本一短いトンネル』ですね。

 

 

 お茶畑の中にトンネルは在りましたけど………?

 

 コンクリート製のトンネルだけ? 

 

 山を堀り抜いたとか、交差する道路の為にとかでは無いですよね。

 

 線路の向こう側は普通に民家とか在りますけどこのトンネルの意義は?

 

 誰かに尋ねてみたいと暫く此の地にいましたけど誰も通りゃしない。

 

 勝手に『昔は山や畑が在ったんだろうね』と思い込むようにして先を急ぎます。

 

 そのまま国道を北上して先ずは本日最初の目的地

 

 

 『塩郷の吊り橋』到着です。