奈良井 第一駐車場。

 

 奈良井宿散策を諦め、奈良井 第一(有料)駐車場へ。

 

 季節外れの観光地には一台の車も停まっていない。どころか駐車場の係員も不在です。料金徴収はどうするの?

 

 

 料金箱と書かれたポストが在りました。

 

 この駐車場の片隅に、以前木曽路を走っていたであろう『SL』が保存されていました。

 

 

 『動輪三軸=C 12型。199番目に製造された機関車』です。

 

 小型ながらボイラー出力が高く、D型(動輪四軸)が開発される前の主力機関車です。

 

 小海線を走っていた『高原のポニー C62型』はボイラーを長くした改良型だそうです。

 

 

 手入れや保存状態も良く、とても綺麗な車体にうっとり。

 

 

 何時までも見て居たいけど先に行かなきゃね。

 

 さらに片隅には御堂が在り、石像が並んでいました。

 

 

 医者や治療薬の確立していなかった時代、病気に成ると人々が頼ったのは『神仏・加持祈祷』

 

 とりわけ『薬師如来様』は左手に『薬壺』を持ち、たちどころに病を治してくれるとされていました。

 

 こーちゃん。持病持ちですので『薬師如来』を見掛けたら、お賽銭と合掌を欠かせた事はありません。(確か『稲荷神社』でも同じ様な事書いたような?)

 

 

 さて参拝もしたし。まだまだ木曽路では予定がいっぱい。

 

 次行きますか。