チョウゲンポウ

 

 『チョウゲンポウ』って聞いた事有ります?

 

 詳しくはGoogleに譲るとして(Yahoo!でも可)、ハヤブサ属ハヤブサ科の猛禽類です。

 

 ハヤブサより一回り小型で大き目の『ハト』程の大きさです。

 

 何度か目撃はしているんですけど撮影には望遠レンズが必要です。

 

 

 やって来たのは『千曲川』と『湯川』が落ち合う『枇杷島』です。

 

 『岩尾城跡』から見て『西』に張り出した場所で地籍は『鳴瀬』 地名からも川の流れる音が聞こえてきそうな場所です。

 

 この地には『ねば塾しらかば石鹸工房』なども在りますが知らない人多いかな。

 

 

 いつ見ても惚れ惚れする地層です。堆積層の隆起?

 

 この千曲川の蛇行が創り出した河岸段丘下の淵を『竜宮淵』と云います。

 

 子供の頃はもっと流れが在り、深い水深でしたが今では大分堆積しているみたいです。

 

 『鰻』や『鯉』が釣れる穴場で、ドジョウが爆釣した事がありました。

 

 今は歩いて渡れる?

 

 

 お~い! 佐久教育委員会さん。消えかかっているよ。

 

 佐久の各地で『佐久教育委員会』の名前を目にしますけどちゃんと活動してるのかね?

 

 因みに地区の『育成委員』に携わりましたけど、管轄は『教育委員会』 でもやる事全~部『育成委員会』まかせ。

 

 税金使ってんだからやる事やって貰わないとね。

 

 

 釣りに飽きたらこの崖よじ登って野生の『ウド』を採ったりしていました。

 

 崖の上には『相浜・金龍寺』が在り、『タケノコ』なんかも採ったかな。

 

 流石に今勝手に採取はマズいでしょ。

 

 この日も『チョウゲンポウ』は目撃できず、『ノスリ』を見つけたぐらいです。

 

 因みに『鷲』と『鷹』の違いって『大きさ』って知ってました?

 

 『クジラ』と『イルカ』の分類が3メートル以上を『クジラ』体長3メートル以下を『イルカ』と呼ぶのと同じらしいです。

 

 『スズキ』の『隼・GSX1300』は時々遭遇するのにね。