妙義神社 part7

 

 折角上って来たんだからすぐ下るのも勿体ない。

 

 あれやこれやを散策してみます。

 

 

 『拝殿』の鎧戸の上には鮮やかな彩色が施されています。

 

 『龍』は金箔でしょうか。

 

 

 火災対策に『非常ベル』『避雷針』『スプリンクラー』は必須です。

 

 でもイザとなっても、中々直ぐには此処まで駆け付けられないです。

 

 やっぱり防火対策はしっかりね。タバコなんぞ以ての外です。

 

 

 下りは『女坂』を選びます。(だって膝が………。)

 

 色々な景色を発見したいからなるべく別の道を通ります。

 

 

 こんな所に『優しさ』を感じます。

 

 参道わきの『切り株』ですけど、滑り止めの為の切り込みが施されています。

 

 表面が濡れた『切り株』ってよく滑るんです。

  

 

 『女坂』から見上げる『随身門』です。

 

 群馬県はやはり温かいです。長野は紅葉の盛りですが、妙義ではまだ色着き始めですね。