轟岩

 

 世田谷区の住人だった事があります。

 

 最寄り駅が『等々力』でした。

 

 車×3でも『轟・とどろき』です。

 

 

 『中之嶽神社』で参拝を済ませ、境内の案内に

 

 『轟岩 200m』と在ります。

 

 200mなら歩いて数分も掛からない筈。まっ行ってみますか。

 

 

 断崖の絶壁に窪みが在り、『石の祠』や、鳥居・水垣で囲われた社まで

造られています。

 

 案内の方角に向かって踏み跡は続いているんですが、行けども行けども次の案内が無い。

 

 もうかなり歩いているぞ。

 

 

 倒木の先に岩肌が見えています。

 

 でも案内書きも何もない………。

 

 う~ん、直線距離なら200㍍位かも………。

 

 取り敢えず踏み跡をたどって山を登って行くと。

 

 『轟岩』頂上(3D)まで1時間以上かかって到着。

 

 

 

 ロープが張られていたり、赤丸が在ったりの登山道を登る事30分。

 

 『轟岩』と思しき岩の頂上に出ました。

 

 眼下に駐車場が見え、人がいるのが確認できます。

 

 

 佐久方面を見やれば、『荒船山』が良く見えます。

 

 100㍍以上の垂直な崖を船の艫に、物見石を舳先に見立て、迫りくる荒波を突き進むように見えます。

 

 

 佐久の『臼田宇宙区間観測所』通称64㍍パラボラアンテナから見た『荒船山』です。

 

 手前の有刺鉄線にピントが合っちゃってますけど。

 

 この左右対称のシルエットの山、中々無いでしょ?

 

 

 登られる方、ヘルメット位はあった方が安心かもです。

 

 落ち葉で足が取られますので、必ず真ん中を歩いてください。

 

 自己責任でお願いしますね。