下仁田・浅科線

 

 『国道254号線』の一本北側を走る『県道44号線』 通称『下仁田浅科線』をバイクでトコトコ走ったのは2020/10の事です。

 

 紅葉が始まり、バイクで切る風が詰めたくなる頃に『荒船湖』から『佐久市志賀』へと下ります。

 

 現在、残念ながら『荒船山荘』は営業を見合わせています。

 

 『新型コロナウイルス騒動』は確実にマイナー観光地を『窮地』はどころか』『滅亡』へと導いているのが現状です。

 

 『競走馬の養老施設』と化していた『スエトシ牧場』は、TV出演したミニチュアホース『そらまめ』のお陰で確実に観光客を増やし、色々小動物を増やしたり、触れ合える施設を造り人気の観光牧場だったんですが今回駐車場には車が停まっていませんでした。

 

 『志賀川』の向こうに朱塗りの『鳥居』が見えました。

 

 バイクって『?』を感じたらすぐ停車できるから好き!

 

 細い橋を渡って鳥居の元へ。

 

 

 傍らの案内に『秋葉山公園』と在りました。

 

 鳥居の額には『秋葉山大権現』と書かれています。

 

 公園と云っても『ブランコ』や『シーソー』などの遊具が在るで無く、階段から山へと歩道が続いているだけです。

 

 何となく『大権現様』を拝みたくて山道に踏み入りました。

 

 何度か折り返しながら高度を上げて行きます。

 

 あと何メートルとか書いてあれば助かるんですけど。

 

 

 『雉』の鳴き声が聞こえるのどかな山道。

 

 不意に屋根が見えました。

 

 

 屋根の内側に『秋葉大権現』と書かれた板が打ち付けて在りました。

 

 スピーカーは集落へ向いていて、緊急放送などの為の設備だと思われますけどまさか此処が『大権現?』

 

 と奥に石灯篭が見えましたので行ってみると。

 

 

 山頂らしき場所はまだまだ先ですけど、展望の良い場所に建つ『石の祠』

 

 何も刻まれていませんのでこれが『秋葉台権現』かも解りませんけど、こちらで手を合わせます。

 

 ひょっとして山頂に向かえば何か在るのかもしれませんけど、スマホのグーグルマップで調べても何か在る様には思えません。

 

 「行くべきか戻るべきか?それが問題だ」なんて考える事も無く引き返します。

 

 水分持ってこなかった事を言い訳にして。