馬流

 

 JR小海駅から北へ一駅。

 

 『JR馬流駅』は駅前にコンビニどころか、駐車場はおろかストリートビューも入っていませんが、主に高校生の通学用に使われていて利用状況はまずまず。

 

 少し離れた場所に『秩父事件戦没者の墓』が在ります。

 

 道案内の立て札を頼りに『秩父事件戦没者の墓』戦没者の墓』へ。

 

 お墓の脇には、先祖の偉業を称えた『顕彰碑』と、参拝者を労う為の東屋が建てられています。

 

 

 休憩所には記帳ノートが置かれていました。

 

 この手のノートには必ず『日付・住所・名前』等を記入するようにしています。

 

 だって設置者の励みになるかもですよ。

 

 裏手には『諏訪神社』へ続く鳥居と石段が見えます。

 

 

 そして巻き添えで亡くなられた方のお墓が山中にあるとの事ですが、途中で道が分からなくなって………。

 

 迷子になっても困るからそこそこにして戻ります。

 

 

 通りまで戻って『困民党』が本陣とした民家です。

 

 簡略された新聞の説明書きが張られていました。

 

 道の向かいには

 

 

 現在も稼働しているのか分かりませんが『火薬建設』と在ります。

 

 俗に云う『発破』ですね。

 

 ひょっとして当時の名残でしょうか。

 

 平和利用されることを願います。