OBUSE QUEST

 

 『雁田山』の裾を取り巻く『せせらぎ緑道』をぶらぶらしていると、

 

 『OBUSE QUEST』と在りました。

 

 こーちゃん、初代『DORAGON QUEST』世代だから、おろ?

 

 

 ひょっとして、歩いていると突然モンスターが現れ、バトル開始?

 

 ヒットポイントの高い技で攻撃したり、呪文で体力の回復を図ったり。

 

 某アミューズメントパークでは『スーパー〇リオ』の疑似体験が出来る時代です。『ドラ・クエ』の実体験が小布施で出来る?

 

 (因みにこの章は2020/9の事です)

 

 

 何やらバトルフィールド………な訳無いですね。

 

 単管で高台に足場が組まれ、スロープとジャンプ台らしきものが見えます。

 

 そう、スキー競技の『ジャンプ練習』のミニチュアみたい。

 

 スキーのジャンプ選手を目指す『子供』もいきなりラージヒルに立てる訳じゃ無く、最初は数十センチの段差を飛び越える事から始め、徐々に滑走距離とジャンプ台の高さを増やしていくそうです。

 

 『菅平スキー場』で朝一から上級コースを滑っていた時、ランドセルを背負った小学生がストックを持たず、クラウチングスタイルの直滑降で滑り降りていきました。途中の『こぶ』なんて全~部ジャンプして行きます。

 

 それも数人。中にはどう見ても低学年の子も。

 

 なんと『集団登校』です。山裾を歩いて廻るより、リフトで山頂まで来て一気に滑り降りて行った方が安全だし早い。

 

 そりゃ『オリンピック選手』も育つワィ。 

 

 

 『スキー・フリースタイル競技』の『エアリアル』では、ジャンプ練習の際、プールに着水して怪我に対処しています。

 

 一回ジャンプ練習すればプールに落ちる訳ですから、かなり真剣に練習しないと。

 

 でこちら『OBUSE QUEST』では『スケートボード』や『ローラー・スキー」などの練習用に『エアーマット』が設置されています。

 

 簡単にやってのける様に見えて、何度も練習して習得した『技』なんですね。

 

 そりゃ飛び込んでみたいですけど禁止事項ですから。

 

 

 頑張れ!未来のオリンピック選手。

 

 頑張れ‼『未来〇ンスター』(某テレビ番組に類似しますので一部伏字です)