湧水

 

 何だ かんだと聞かれたら 答えてあげるが 世の情け

 

 子供が小さかった頃、一緒に観てたから何となく覚えています。ロケット団。

 

 趣味は? と聞かれたら『焚火と湧き水を飲む事です』と答えてます。

 

 『焚火』の方は簡単には出来なくなっちゃいましたが、『湧き水』の方は大抵24時間無料で汲めます。(中には有料の所も有りますけど)

 

 軟水の美味しい水で淹れたコーヒーは最高!なんて気取ってますけど。

 

 

 『水神様』の見守る『湧水池』がふたつ。

 

 向かって右側は水面が盛り上がるほど水が湧き出しています。

 

 流れ出る水を貯めているのが左側。

 

 この様に二つに分かれている場合、飲み水を汲むのは湧き出している方の右側を使います。

 

 手を洗ったり、タオルを濡らしたりするのは下流の左側もしくは流れ出る水路を使います。

 

 ここはには看板とか案内書きとか無かったですけど。(マナーですから)

 

 

 残念ながら水底にはお金が投げ入れられていました。

 

 『トレビの泉』では積極的にお金を投げ入れてくださいとアピールしていますが、観光資源として使われているからだそうです。

 

 『忍野八海』では、はっきりと『投げ入れ禁止』と日本語、英語、中国語で書かれています。

 

 水深の深い『忍野八海』では、回収にアクアラングを使用するなど多大な労力とお金が掛かりますので禁止事項は守りましょう。

 

 

 ペットボトルは車に置いて来ちゃったから掌にすくってゴクゴク。

 

 『生水はお腹を壊す』なんて云う人もいますが、いまだかつて不調になった事は一度も在りません。

 

 流れでタオルを濡らして顔を拭くと『あ~っ。気持ちいい~!』

 

 こんな小っちゃな幸福感で今日も一日頑張れるから不思議ですね。

 

 

 張り詰めた弓の 震える弦よ 月の光に ざわめく お前の心

 

 研ぎ澄まされた 刃の美しい その切っ先によく似た そなたの横顔

 

 悲しみと怒りに 潜む 真の心を知るは 森の精

 

 もののけ 達だけ

 

 

 何となく 『こだま』が隠れてるように見えません?

 

 

 一言で云っちゃえば『着生植物』なんですけどね。