中仙道 長坂 石仏群

 

 前記の『日本一の道祖神』から旧道に入り、『旧望月トンネル』を抜けて更に旧中仙道へ入ると。

 

 『鹿曲川』から『瓜生坂』までの急峻な坂道の途中に沢山の『石仏』『石塔』などが並んでいます。

 

 

 昔の旅人が歩いた道は舗装され、すぐ傍らに民家が立ち並んでいますけど、此処を通る人は様々な『神仏』に祈りを捧げたのでしょう。

 

 中には初めて目にするものも在ります。恐らく土着信仰ですかね?(私の知識不足だけかも)

 

 山岳信仰の『御嶽神』などは知ってますよね?

 

 

 『石尊大権現』も『石尊山・いしづちやま』信仰発祥です。

 

 

 初めて見たのがコレ。向かって左の石は彫跡に風化が見られないから割と新し目ですかね。

 

 右側はコンクリートで固められてますけど、苔なども見られます。

 

 

 このコンクリート法面で補強された崖の下、かなりの急峻な坂道の途中に在ります。

 

 

 赤く彩られた石像は『弁天様』でしょうか。

 

 旅人の『安全祈願』でや宿場入り口の『道祖神』、『馬頭観音』『山岳信仰』 悪く云っちゃえば何でも有りなんですけどね。

 

 

 『御嶽』信仰の『社』が在りました。

 

 鉄製の鳥居が良い味出してますね。

 

 両手を合わせて『頑張れ~御嶽海』(いや趣旨の違うのは重々に承知ですけど)