日本一の道祖神

 

 国道142号線を頻繁に走る人なら必ずや目にしている道祖神。

 

 『バイパス』から『旧道望月トンネル』方面への分岐点に在ります。

 

 信号機のない交差点に加え、大型車両が下り坂を結構なスピードで下ってくるカーブの途中に在る為、ゆっくり見ることも出来ません。(そんなわき見運転みたいな事してたら事故確立がアップします)

 

 

 この注連縄の捲かれている石が『日本一の道祖神』です。(何が日本一なのかは置いといて)

 

 此処、横断歩道も無ければ駐車場も在りません。

 

 この時はバイクで出かけたので、傍らの空き地に停めましたけど。

 

 

 う~ん顔がみえづらい………と思っていたら颯爽と風が吹き抜けました。

 

 向かって左側。十二単らしき服を着ています

 

 右側には烏帽子を被った高貴な出で立ち?

 

 手に手を取って、頬と頬を寄せて………まぁ良いですけど。

 

 黄色いのは何だろ?

 

 でもやっぱり気になるのが何の日本一?

 

 『夫婦道祖神の大きさ』と云う事にしときまして。

 

 傍らにも小さな道祖神が在りました。

 

 『夫婦円満』『交通安全』を祈願しまして。

 

 あっ。夫婦の婦がいないんだった。