『槐』と書いて『えんじゅ』と読みます。

 

 『延寿』に繋がるところから縁起の良い樹とされています。

 

 『島川原』から『御牧の湯』に向かう途中、『御牧ケ原』へ上り込む道の分岐に小さな社の『諏訪神社』が在ります。

 

 この境内に在るのが『黒槐』の大木です。

 

 

 ゴツゴツとした木肌の大木です。

 

 

 直ぐ傍らの道を大型車両がビュンビュン走り抜けている場所であるにも関わらず、境内には自然がいっぱい。

 

 

 沢山の『蝉の抜け殻』や

 

 

 『ミツバチ』の巣でしょうか。 体長が長いようにも見えるし?

 

 『スズメバチ』の巣とは違うみたいですけど何時攻撃してくるとも限りません。しかも大っ嫌いな『ジョロウグモ』の巣もそこかしこ。

 

 大急ぎで参拝を済ませますかね。