佐久市・常和

 

 2019年佐久市東部に甚大な被害をもたらした台風は、『佐久は災害が無くて………』という概念を覆しました。

 

 四方を山に囲まれた佐久平は、とりわけその西側に『八ヶ岳連山』が聳え立ち、強風や台風災害から守ってくれています。

 

 しかし2019年。関東から北上した台風は長野群馬県境付近を移動し、山間部にそれまで経験した事の無い雨量を降らせました。

 

 山間部に降り注いだ大雨は斜面を流れ落ち、崖崩れや樹木倒壊を引き起こしました。

 

 倒壊した樹木は流れを下り、橋脚などに引っ掛かってダム化、流れを堰き止めた挙句に橋ごと倒壊、更に下流の橋に被害をもたらす連鎖を繰り返しました。

 

 特に日頃は水量も少なく、あの沢が?と誰もが思うような小川が氾濫しました。

 

 流石に被害後の復旧作業中に撮影に行く事は差し控えましたが、あれからおよそ10ヶ月経ち、様子を伺いに尋ねてみました。

 

 

 集落の一角には庶民信仰の石塔が並んでいました。

 

 『庚申塚』や『馬頭観音』『十九夜』など生活に密接しています。

 

 

 『黄色い頭巾』を被っている笑顔のお地蔵様。正式名称『地蔵菩薩』

 

 右手に錫杖を持ち、左手には『宝珠』を乗せています。

 

 道行く人が迷わない様に六道界の辻々に立ち、道案内をしてくれています。

 

 今風ならばマラソン大会のボランティア?(チョット違うか)

 

 更に奥に進むと墓地の在る岩肌を見て、えっ!

 

 

 

 墓石の並ぶ最上段に一部赤壁が見えました。

 

 何気なく見てると、

 

 

 『南無阿弥陀仏』と彫られています。

 

 いや、人の背丈じゃ届かない。足場でも組んで彫ったのでしょう。

 

 ズームかけて撮影したらブレブレで失敗。

 

 墓所ですので両手を合わせ次に向かいます。