大地堂

 

 『大沢小学校』の校舎を見学した後に向かったのは『大地堂地区』

 

 今ではこの地区を『中部横断自動車道』を貫き、昼夜を問わず車がビュンビュン。まっ高架の上の話ですけど。

 

 そんな地区に見事な『松の木』が在りました。

 

 

 『老松』にして青々と松葉が繁っています。

 

 後ろには『火の見櫓』が見えますし、隣接して『公会堂』も在ります。

 

 きっと集落の中心的な場所だったのかも。

 

 

 『蝉の抜け殻』が残っており、生命の息吹を感じます。

 

 近頃、とんとセミの鳴き声を聞かなくなったと思いません?

 

 中学生の頃、夏はクーラーの無い教室の窓を開け放していましたがそれでも暑いモノは暑い!

 

 ましては中庭なんぞで『ミンミン蝉』なんぞが鳴きだそうものなら余計に暑苦しく感じました。

 

 昨年何ぞ初めて『セミの鳴き声』を聞いたと思ったら『ヒグラシ蝉』

 

 晩夏に鳴く蝉ですよ。

 

 

 松の根元には何だろコレ?

 

 『多宝塔』にも見えるし、何か顔が彫られている様にも見えなくない。

 

 大木を見ると、出来る限り木に触れ、幹に耳を着けて音を聞いてみます。

 

 意外と音がするんです。

 

 どんな音か? 試しにやってみて下さい。

 

 何となく『パワー』を貰った感じで次へ。

 

 次回です。