佐久市・大沢小学校

 

 昭和40年代、佐久市立『野沢中学校』の通学区は『野沢小学校』『岸野小学校』『泉小学校』『大沢小学校』『東立科分校』の広範囲に渡りました。

 

 雨の日も雪の日も『自転車』で一時間程度かけて通学する人もザラでした。

 

 『大沢小学校』も児童数減少の折から『閉校』となり、『学童バス』により『野沢小学校』へ通っています。

 

 敷地に隣接して『大沢保育園』が在り、現在も園児の元気な声が響いています。

 

 そんな閉校した『大沢小学校』ですが、文化財として保存され年に一度解放されます。

 

 それがお盆の帰省時期。

 

 佐久市の『演劇サークル?』の発表会も兼ねて無料公開されます。

 

 

 平時は何時も日除けの為のカーテンが閉ざされており、中の様子は伺い知れません。

 

 

 『大沢小学校』に通学していた訳では在りませんので曲調までは分りませんが。

 

 

 およそ今から130年前に建てられた儘、現在に至っています。

 

 木の枠にはまっているいる『ガラス板』は流し込み製法の為、歪んで見えるヶ所が在ります。

 

 130年間割れなかったと考えると感慨深いです。

 

 

 校舎の左手には鉄骨モルタルの『体育館』が在り、地区行事などに使われています。

 

 右手奥には『大沢保育園』が在り現在も多数の園児がこの校舎前を通って通園しています。

 

 廃校とはいえ、保存状態も良く、庭も手入れがされています。

 

 8月のお盆に訪れた写真は次回。