燧ヶ岳

 

 暫くブログUP出来ませんでした。

 

 旅行に行っていた?とか入院?などのご心配頂き、至極恐縮です。

 

 この『ホームページ』は『JIMDO・pro』を使っていますけど,不具合が出てしまい更新出来ませんでした。

 

 如何ともしがたく、使いづらくなりました。

 

 『アップデート』の度に使いづらくなるなんて………

 

 まぁその内に『ア〇ーバブログ』とかに移行するかも知れません。

 

 

 『燧ケ岳・ひうちがたけ』が木道の先に見えます。

 

 『尾瀬湿原』に『鳩待峠』=『山の鼻』から入り込むと常に東の端に聳える山です。

 

 『尾瀬木道』は『右側通行』です。

 

 もし先行者に追いついたら、左側木道を利用して追い抜くことに成ります。

 

 その他にも『ウオーキングポール』はキャップ装着必須。

 

 実際に木道でポールを使うと『木道幅』が狭く、ポールは使いづらかったです。邪魔な時には収納できるタイプがお勧めです。

 

 もうひとつ『最重要』なのが、何が在っても『木道以外』に踏み入ってはいけません。(湿地をポールで突くのもダメ)

 

 疲れても座って休める『ベンチの数』は限られています。

 

 『トイレ・飲み水』も『山小屋(有料)』にしか在りません。

 

 仮にゴミが強風で飛ばされても取りに入れません。

 

 それらを踏まえて『尾瀬』に挑戦してください。

 

 

 『逆さ燧ヶ岳の池塘』です。

 

 人が写らない様にする為、態々この日、この時間に行った甲斐が在りました。

 

 『ウォーキング』をする時、持っていくペットボトルを凍らせて持って行きます。

 

 1㍑の炭酸水ペットボトルに『六分目程』の水を入れ、飲み口部分が閉ざされない位の斜めに傾け(ここ重要)凍らせます。

 

 もう1本は『8分目』程の水量でやはり斜めにして凍らせます。

 

 出発直前に『水』を満たしてからタオルで巻き、リュックに入れて背負います。

 

 行動行程に併せて一本は車に置いて行くとか、500㎖のペットボトルにするとか色々組み合わせられます。

 

 そしてペットボトルの『飲み口』には直に『口』を付けない事!

 

 マグカップなんかも重くなるので持って行かないか『紙コップ』がお勧め。

 

 (いつもは上を向いて大きく口を開け、触れない様に注ぎ込みますけど。)

 

 『水』である必要性はイザという時『傷口』を洗ったり、熱中症対策でタオルを濡らして手首や脇の下を冷やしたり。

 

 食事前にはおしぼりも使いたいですね。

 

 暑い夏、『カップラーメン』に『水』を注いで1時間で『冷やしラーメン』(塩味がお勧めです)も美味! (ぬるくなりますけど)

 

 

 所々で『木道』が分岐し、色々な植物の群生地を覗かせてくれます。

 

 しかもこれらの『木道敷設』 全~部『TEPCO』が担っています。

 

 入場料の徴収も無く、これだけの環境を保護してくれる会社に感謝です。

 

 でも『核施設』の保有会社で在る事もお忘れなく。