風穴・体感

 

 今回も、もち米が蒸けるまでの待ち時間にブログを書いています。

 

 タイマーが鳴ったらお仕事開始。それまでお付き合いの程よろしく。

 

 だから『尻切れトンボ』のパターンが多いんです。

 

 6月の蒸し暑さの中、『氷風穴群』の在る森の中は約22℃。

 

 それが一歩『風穴の囲いの中』に入ると………

 

 

 陽が当たっているにも関わらず、『12℃!』 しかも湿度変わらず40%?

 

 一気に温度が変わります。

 

 効きすぎの冷房でも此処まで下がらないはず。

 

 でも夏の日差しに照らされて、熱を帯びた体には心地よく感じます。

 

 

 危なげな石段を数段降り、トタンで囲われた中に入ると………

 

 写真の右側にも写っちゃってますね。

 

 

 『2℃‼ 湿度75%⁉』 

 

 最初は「スゲー、涼しくていいや。」でしたがそのうちTシャツ一枚の服装では寒くなってきます。

 

 

 風の通り抜けない『竪穴』の中では対流が起こりにくく、『冷たい空気=比重の重い』は下に溜まります。

 

 それを上手く『トタン』で囲って『小屋』にしています。

 

 此処が『種蚕』の貯蔵庫に成るんです。

 

 『蚕』は卵で越冬し、春に幼虫になります。いわゆる『毛虫』ですね。

 

 『桑の葉っぱ』を餌に成長し、やがて『蛹』になる為に『繭』を造ります。

 

 これが『夏頃』 人間はこの『繭』から『絹糸』を取る為に『繭』ごと『蛹』を茹でちゃいます。

 

 『種蚕』を造らせる為、茹でられなかった『蚕蛾』はやがて産卵します。

 

 通常自然界では年に2回程この工程が行われますが、『種蚕』を冷蔵し出荷調整するだけで年5~6回の『繭』造りが可能になった訳です。

 

 早い話が生産量が3倍! 稼ぎも三倍‼

 

 でも餌になる『桑の葉』どうしたんだろうと疑問がふつふつ。

 

 丁度時間となりました。