赤い橋

 

 『小諸城・大手門』で写真を撮りながら、何故か向かったのは『千曲川』

 

 『大手門』から『本丸跡』までは線路を跨ぎ、エリアが違う為に今回はパス。

 

 だって日本唯一の『穴城』なんで、後日ゆっくり紹介したいですから。

 

 

 小諸市が坂の街で在る事が良~く解る『県道40号線』を千曲川方面へと下ります。

 

 『中沢川』の橋を渡った辺りに立っているのが『布引山観世音』の石碑ですが、注目すべきは道標です。

 

 『追分宿』で中山道と分岐した『北国街道』は『小諸宿』の『城下町』ならぬ『城上町』を通ってこの地に続きます。

 

 そしてここで又『分岐』 左折すると道は更に急激に下り、『布引』へと向かいます。

 

 

 千曲川に架かる『赤い橋』は『新大久保橋』

 

 鉄骨が赤く塗られた橋は各地に在り、アクセントとなって周囲を引き立たせています。

 

 2019台風被害の『上田電鉄・別所線』も『赤色』が印象的でした。

 

 単線区間の為、車両最前部のど真ん中に陣取ると、左右シンメトリーで風景が流れます。

 

 

 あっど真ん中にはピラーがあるから無理。

 

 上田駅に向かって千曲川を渡るところです。

 

 話がドンドン横道に逸れる。この脈絡の無い展開が我ながら好きだったりして。

 

 『新大久保橋』付近は深い淀みが在り、『鯉』や『大鯰』の絶好ポイントでしたけど、もう何十年も行ってないなぁ。

 

 

 千曲川には色々な川が合流したり、『発電用取水堰』が築かれていて、こんな風に『淀み』も結構在ります。

 

 子供の頃は泳げたんだけどなぁ~。