岩穴と丸石

 

 写真を撮っていたら聞こえてきた声。

 

 合戦の雄たけび、「えい、えい、お~」みたいに聞こえてきました。

 

 女性の声がリードを取って、又暫くしたら「お~」と云う大勢の声と拍手。

 

 恐る恐る声のする方へ歩いて行くと、『高齢者の集団』が体操してる広場に出ました。

 

 女性の方は『高齢者ホーム』の制服らしき服装で、胸に『介護施設職員証』らしきタグを着けていました。

 

 軽く挨拶すると「一緒にやりませんか」ですと。 (遠慮しておきます)

 

 近くの介護ホームから散歩がてら体を動かしに来ているそうです。

 

 『雄たけび』に聞こえたのはアクリル板でくぐもって聞こえたからなのかなぁ。

 

 広場のはずれにはこの神社の高台を形成する岩が覗いていました。

 

 

 『溶岩石』のようにも見えます。

 

 となればやっぱり『浅間山の流出物』ですかね。何となく赤く見えるし。

 

 石段を下り、バイクに戻ろうとすると『石灯篭』の所に丸い石が置かれていました。

 

 『パッ〇マン』を正面から見るとこんな感じ?

 

 

 こんな丸い形の石はよく神社に奉納されています。

 

 多分『甌穴石』 河川の急流などの一枚岩に出来る『甌穴』を形成した石か、穴に落ち込み磨かれた石か。

 

 でも表面が穴だらけですのでやはり『火山岩』みたくも見えますけど。

 

 あっ、私は別に地質とか勉強した事無いですから。

 

 間違っていてもノー・クレームでお願いします。

 

 この石灯篭の表面にしても『石鑿』の跡が覗えます。

 

 何時の時代の物か確認できませんでしたけど、当時の職人の苦労が偲ばれます。