豊昇神社

 

 豊昇地区へ上る一本道沿いに『豊昇神社』は在ります。

 

 鳥居手前の『太鼓橋』は自然石の丸みを生かしています。

 

 更に『保存木二号 サワラ』と書かれた標柱の一番上の部分。

 

 アルファベットのYを3つ重ねたようなマークは『文化庁・文化財愛護マーク』です。

 

 大概の国・県・市町村指定の文化財にマークが付いてます。

 

 って事は、修理・修復に関しては『文化庁』の管轄?(税金で)

 

 

 詳しく読みたい方はスマホでピッチアウトして下さい。

 

 室町時代初頭に『熊野三山』を勧進したそうです。

 

 にしても『神様』の多い事! 一体『何柱』御座いますやら。

 

 『煮にぎの尊』とあるのは『邇邇芸命』? 

 

 『天孫降臨』し、『木花之佐久夜毘売・このはなのさくやひめ』と結婚した神様。

 

 『初代天皇・神武天皇』のお父さんです

 

 

 狭い境内ですけど、一度にお詣りできてとってもお得!