追分

 

 道路・街道がふたつに分かれる所を『追分』と云います。

 

 日本全国で一体幾つ在る事やら。

 

 多分日本で一番知名度の高い『追分』が『信濃追分』です。(個人的感想です)

 

 

 国道18号線群馬県側からを走って来ると必ずこの前を通るんですが、なんせ交通量の多い道路です。脇見なんぞしようものなら危ないですもんね。

 

 

 何故此の地が有名かと云いますと。

 

 今から40年近く前、男性兄弟ディユオ『狩人』のヒットソングに『コスモス街道』があります。(知っている人は同世代以上)

 

 その歌詞の一節

 

 バスを降りれば カラマツ林 日除けの降りた 白いレストラン

 

     中略

 

 右は 越後へ行く北の道  左は木曽まで行く 中仙道  続いてる コスモスの道が

 

 『北の道=北国街道』と『中仙道』の分岐点だったんです。

 

 ただし周辺に『バス停』は無いですし、『白いレストラン』は離れています。

 

 残念ながら『コスモス』が咲いているのは一部分だけ。

 

 夢も素っ気も無い結末ですが。

 

 

 

 すぐ傍らを大型トラックがビュンビュンすり抜ける現代。

 

 一体いつ頃からこの石像は佇んでいるのでしょうか。

 

 

 優しい顔の石像も見守ってくれています。

 

 『観世音菩薩』だと思うんですけど、『キリシタン』ぽくも見えません?

 

 

 石柱に彫られた元号は『寛政七年』=西暦1796年。

 

 この13年前の出来事は『天明三年・浅間山大噴火』です。

 

 この地の領主によって建てられた石碑や石仏の数々。

 

 この地も甚大な被害を被ったのでしょうから、『慰霊』や旅人の安全を祈念されていると思います。

 

 誰もが『安全』に、且つ『自由』に通行できる時代に生まれて良かった。