救世尊

 

 人っ子独りいない境内をウロウロ。

 

 おっ。この花(草?)知ってる。

 

 『蝮草・マムシグサ』です。

 

 

 説明は難しいので各自ウイキペディア参照の事。

 

 晩秋になると、赤く毒々しい、逆さまになった『ヘビイチゴ』状の実をつけます。

 

 サトイモ科の『雌雄異体』の植物です。

 

 こーちゃんはこのストライプ模様が美しいと思うのだけれど………毒性が強いので触れない様に。

 

 根っこには特に猛毒が在ります。

 

 戦時中毒抜きをして食用にしたらしいですが止めた方が無難です。

 

 

 境内に在った木の根っこですけど、『犬』?『豚』? に似てません?

 

 色々ある境内を散策していたら、高台の上にも建物が在りました。

 

 

 この『祠』を廻り込むように踏み跡が続いています。

 

 勿論行ってみると。

 

 高台に見える『社』に廻り込むように上り坂が続いています。

 

 社の軒下に在った額には『救世尊』とのみ読み取れます。

 

 市の後が擦れてしまっていて………

 

 スマホで検索するも良く解らん。

 

 

 次回も『救世尊』周辺です。