大井城

 

 佐久市『岩村田』交差点から『平尾』方面へ曲がって暫く行くと『湯川』に向かって下り込みます。

 

 の手前。左手の河岸段丘の高台に『大井城跡』が在ります。

 

 こお『大井城』は室町時代頃までこの地を統治していた『大井氏』の居城でした。

 

 

 設置されていた案内を読むと、他にも『石並城』『黒岩城』と『王城』を併せて『大井城』と呼ぶそうです。

 

 確かに『湯川』の河岸段丘と、田圃の低地が造り出した段差は『天然要塞』の感を出しています。

 

 県道側から急坂の舗装路を上ると城跡は公園になっていました。

 

 

 公園の奥に『大木』が聳えています。行ってみると。

 

 

 祠や墓碑が並んでいました。きっと統治していた『大井氏』を偲んでの事でしょう。

 

 長野県では結構『大木』が『県指定天然記念物』に認定されています。

 

 

 柵と生垣に囲まれ、更には石段まで築かれています。

 

 聖域でしょうから、遠くからそっと手を合わせます。

 

 

 柵の内側は雑草が茂っていますけどなんせ『神聖なる場所』ですから。

 

 おいそれとは入れませんです。