瑞垣門

 

 『算額』の奉納されている『領布所』前で暫し考え込むもさっぱり解らん。

 

 頭の中がムズ痒くなる前に次行こう。

 

 

 古い社務所でしょうか。その前に在る彩色された彫刻の見事なこの建物。

 

 『格子戸』の位置からして『神馬舎』ですかね。(あくまで個人の感想です)

 

 何も書かれていませんので分かりません。そして軒下には

 

 

 クオリティは『日光東照宮』の『左甚五郎』には及びませんけど、透かし彫りの手の込んだ作品です。

 

 『蟹』でも彫られていれば分かりやすかったんですけど謎?

 

 さらに進むと

 

 

 『水垣門』が在ります。

 

 普通、『水垣門』から先は『神域』となっていて、一般人は此処から先に入れません。

 

 門の手前に賽銭箱が置かれ、此処で参拝します。

 

 でも『八幡神社』では先に入れるんです。 滅多にない経験。

 

 でこの門が又凄かった。

 

 でも写真UP容量が足りません。古いブログ削除してきますので次回持越しです。