おきん様

 

 『蚯蚓神社』に辿り着くまでに、何か『ゴロ石多くない?』と思っていました。

 

 

 この辺り、隣接する『武石』との山頂の境まで結構急峻な斜面が続きます。

 

 『ゴロ石』は水流に磨かれていない為、ゴツゴツと角ばっています。

 

 降雨によって土砂が流され、露わになったのは白い『石灰岩』でしょうか。

 

 

 チョット読みづらいですので、聞いた話と要約しますと。

 

 その昔、(年代不詳)何日も大雨が続き、山頂から土砂が流れ出したそうです。

 

 土石流は次第に大きくなり、間もなく田畑に達するという所で何故かぴたりと収まりました。

 

 後に土砂の片付けをしていると、一匹の大きな『蚯蚓』が『大石』の下敷きとなり死んでいました。

 

 村人はこの『大蚯蚓』が、身を挺して『大石』を止めてくれた為、田畑が被害に遭わずに済んだ事に感謝し、この『大蚯蚓』に『おきん様』と名前を付け、神社を建て祀ったそうです。

 

 その大きさを『竹』で表現していますが、生物学的に考えてもチョット無理あるかな。

 

 物凄い速さで地中を移動し人間を捕食する『ミミズ』を扱ったハリウッド映画は『トレマーズ』だったっけ?  に比べりゃ可愛いもんです。

 

 

 参拝を終え、戻ろうとしてフト見ると、大量の石、石、石。

 

 この大量の石を運び出し、田畑を切り開いたのかと思うと頭が下がります。

 

 かくも『お百姓』という仕事は過酷なのでしょうか。

 

 俗に『米造り』には『八十八の苦労』があると云われています。

 

 大変ですけど頑張って下さい。(としか言えないですもん)