山城の名残

 

 『砥石山山頂』が山城で在った証拠が各所に見られます。

 

 その一つが

 

 

 なだらかな斜面を削り取り、人工的な『崖』を造り出し防御としました。

 

 梯子を使ってした昇り降りしたそうだが、片手で梯子を使うのは物凄~く大変です。

 

 水汲みしてきた『足軽』や『雑兵』は梯子を登れたんでしょうか?

 

 

 『木の根』などが張り出しているので、闇にまみれて忍者なら侵入しちゃいそう。

 

 当時はもっと急峻で、木の根なんかも無かったんでしょうけど。

 

 

 昇ったって事は降りなきゃ。

 

 『笑福〇鶴瓶』師匠のTVCMに

 

 「人は何故太って膝を痛めるんや? 膝を痛めるから太るのか?」

 

 と石段に座って考える人のポーズをとっているのがありました。

 

 まるでトイレに座っているとしか見えませんでしたけど。

 

 下山途中に膝が痛み出しました。

 

 そりゃ体重≒100㌔ですから膝に負担も掛かっています。

 

 『グルコサミン』入り健康食品の出番かな?

 

 山岳マラソンのお兄さんは此処も走って昇り降りしたんでしょうか。